鹿屋市シルバー人材センターは、知識・経験豊富な人材で地域社会へ貢献することを常に目指しております。

入会のご案内
join

会員募集 | 公益社団法人鹿屋市シルバー人材センター

あなたのご希望に合ったお仕事をご案内致します!

ただいま公益社団法人鹿屋市シルバー人材センターでは、会員を募集しています。これからのシルバーライフを生き甲斐と健康管理のために働いてみませんか?

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは、高年齢者が働くことを通じて生きがいを得るとともに、地域社会の活性化に貢献する組織です。

  • センターは、定年退職者などの高年齢者に、そのライフスタイルに合わせた「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な就業(その他の軽易な就業とは特別な知識、技能を必要とする就業)」を提供するともに、ボランティア活動をはじめとするさまざまな社会参加を通じて、高年齢者の健康で生きがいのある生活の実現と、地域社会の福祉の向上と、活性化に貢献しています。
  • センターは、原則として市(区)町村単位に置かれており、国や地方公共団体の高齢社会対策を支える重要な組織として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づいて事業を行う、都道府県知事の許可を受けた公益法人です。
  • センターでの働き方は「生きがいを得るための就業」を目的としていますので、一定した収入(配分金)の保障はありません。
  • センターは、地域の家庭や企業、公共団体などから請負又は委任契約により仕事(受託事業)を受注し、会員として登録した高年齢者の中から適任者を選んでその仕事を遂行します。仕事の完成は、契約主体であるセンターが負います。
  • 事業所の社員と混在して就業する仕事や、発注者の指揮命令を必要とする仕事などの場合は、一般労働者派遣事業や無料職業紹介事業をご活用いただきます。
  • センターは、「自主・自立、共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的な参画により運営する組織(社団法人が基本)です。

入会するには(手順)

会員になるには

  • 定年など、すでに勤めをやめた方などで、今までの経験や能力を生かす仕事がしてみたいと思われる、おおむね60歳以上の鹿屋市内に居住する健康で、働く意欲があり、センターの目的に賛同された方であれば、どなたでも入会できます。
  • 入会を希望される方は下記の入会説明会を受講していただき、センターのしくみや、目的にご理解をいただいた方のみ手続きをさせていただきます。
  • 特別な資格や、免許は必要ではありませんが、希望する職種や車の有・無等の条件で仕事を提供する機会に個人差が出て来ます。

入会説明会(どこでも受講可)

本部開催(鹿屋・吾平・輝北支部合同) 毎月第4金曜日 9:00~12:00
住所:鹿屋市向江町29番1号
TEL:0994-40-3382
串良支部開催 毎月第2金曜日 9:00~12:00
住所:鹿屋市串良町有里507番地
TEL:0994-63-8198

※開始時間の10分前には受付を済ませてください。

ご希望の方は、事前に事務局までご連絡下さい。(予定日が祭日等の場合、日程を変更する場合が有ります。)

手続きに必要なもの

  • 年会費 4,000円(互助会費含む)
  • 印鑑(認め印で可)
  • 働いた配分金を振り込んでほしい通帳(本人名義の鹿児島銀行かゆうちょ銀行)

会員の声

人生何でもチャレンジ

理事・剪定班長 餅原 良郎様

定年退職し「高齢者」の仲間入り、自分には今日まで受け入れるのに抵抗がある。
健康で毎日が楽しく充実しているし、やりたい事をうまく制覇できている。長い公務から解放され、米作りや狩猟など自由な人生が毎日の元気をくれます。
シルバー会員に登録してから剪定班のリーダーとして、仲間との連携・技術向上・安全就業を全面に活気に満ち溢れる班を目指しております。年間を通じて多くのお客様との出会いが楽しみで、感謝され喜んで頂けることが何よりも安堵感を持ちます。
今年度から理事になり、荷の重い感じがしますが、人生何でも「チャレンジ」一生懸命頑張ってみます。多くの意見などを吸収し、組織としてのセンターの運営に反映させればと考えております。

輝く女性

理事・女性委員 東郷 節子様

会員になって約10年、社会奉仕と健康維持を目標に自分に合った仕事をして来ました。
そろそろ退会をと考えていた矢先、理事の重責を託され、責任とやりがいを感じております。理事会等に出席し、シルバー人材センターの役割や会員の皆様方の活動状況など、先輩理事のご指導のもと会員の方々のお役に立てるよう頑張りたいと思っています。国でも女性の活躍が期待されております。女性会員の活躍の場を広げ魅力あるセンター作りを目指し女性部会を発足致しました。
これから輝く女性の活躍・活性化を目指した計画に取り組んで参りたいと思います。
幾つになっても、生き生きと心若く、輝く女性でありたいと願っております。

TOP